衣類乾燥除湿機はどの乾燥方式がオススメ?コンプレッサー・デシカント・ハイブリッド

除湿機家電品購入のコツ

ひと昔は「除湿機」と呼ばれる家電製品でしたが、
昨今では「除湿機」の前に『衣類乾燥』と付いています。

時代の変化でしょうか、今では除湿機は衣類乾燥を目的に使用される方が増えています。

 

その背景の一つとして、環境の変化があります。

突然のゲリラ豪雨、花粉やPM2.5の飛散などが原因にあります。(外に干したくない)

また、もう一つに家庭環境の変化もあります。

昔に比べると共働き世帯も増え、洗濯物を干し、取り込む時間が不規則になっているからですね。

そうした背景から衣類を室内で乾かす方が増えているのです!

 

そんな衣類乾燥除湿機にも乾燥方式の違いによるメリット・デメリットがあります。

今回はその違いやオススメのポイントを説明していきます。

スポンサーリンク

衣類乾燥除湿機の乾燥方式の違いとは?

衣類除湿乾燥機には乾燥方式は3種類あります。

コンプレッサー方式、デシカント方式(ゼオライト方式)、ハイブリッド方式です。

それぞれ詳しく解説していきます。

コンプレッサー方式

夏場など気温の高い時期に大活躍するのが、コンプレッサー方式です。

コンプレッサー方式の除湿方法は湿った空気を本体内に取り入れ、冷却器を通過させます。

その際、湿った空気は冷やされて水分となり、タンクへと集められます。

除湿され乾いた冷たい空気は、再び放熱器を通り、少し温められて部屋に排出されます。

室温の上昇は約1℃~5℃くらい高くなります。

コンプレッサー除湿方式

しま
しま

もう少しわかりやすく説明すると夏場にコップに冷たいジュースを入れて飲む時に、コップの表面に水滴が付きますよね。それと同じ原理です。

メリット

  1. 気温の高い夏場にはパワフルに除湿ができる。
  2. 電気代も比較的安い。
  3. 部屋の温度上昇が少ない

梅雨~夏にのみ使用するのであればオススメです。
タンク容量の大きい機種もあり、満水で本体が停止することも少なくなります。

デメリット

  1. 秋~冬場の気温の低い時期は除湿能力が落ちる。
  2. 本体が大きく、重量がある。
  3. 運転音が大きい。

1年を通して使用したい方には不向きです。

デシカント方式

季節を問わず、オールシーズンで活躍できるのがデシカント方式(ゼオライト方式)です。

デシカント方式は湿った空気を除湿ローター(ゼオライト)に吸着させます。

吸着した水分をヒーターで温めることにより、水蒸気にさせる。

その水蒸気を熱交換器で冷やし、水にして排出する。

デシカント方式

メリット

  1. 気温に関係なく、オールシーズンで使用ができる。
  2. コンプレッサー式に比べ、本体がコンパクトで軽く持ち運びが便利。
  3. 運転音が小さい。

秋~冬場にも使用したい方はオススメです。

デメリット

  1. 除湿時にヒーターを使用するため、消費電力は高め。
  2. 部屋の温度が約3℃~8℃上昇する。

夏場の使用には温度上昇が起こるため不向きである。

ハイブリッド方式

オールシーズン使用でき、電気代も安くパワフルに除湿ができる。

ハイブリッド方式はコンプレッサー、デシカント方式の両方の機能を兼ね備えており、

室温に応じて、自動的にコンプレッサー、デシカントの運転比率を変える。

ハイブリッド方式

メリット

  1. コンプレッサー、デシカントの両方のメリットを兼ね備えている。
  2. 衣類の乾燥スピードも早い。
  3. 適用畳数も広く、除湿量も多い。

オールシーズン、ストレスなく使用したいならハイブリッド方式が一番オススメ!

デメリット

  1. コンプレッサー、デシカントの両方の機能を備えているため、本体が大きい
  2. 本体購入価格が他の2種類の方式と比較するとやや高め。
スポンサーリンク

衣類乾燥除湿機のオススメ、まとめ

快適なリビングルーム

除湿機に『衣類乾燥』を求めるのであれば、風がワイドに広がるタイプや
嫌な部屋干し臭を抑える「ナノイー」や「プラズマクラスター」などの除菌・脱臭機能を
備えているものもあります。

 

「オールシーズン使用するのか?しないのか?」

「タンク容量はできるだけ大きいほうが良いのか?」

「電気代はなるべく抑えたいのか?」

「除湿後の部屋の温度上昇は気にするのか?しないのか?」

「とにかく衣類を早く乾かしたいのか?」

「移動していろいろな部屋で使用したいのか?」

 

いろいろな使用状況にもよって好みが別れるかと思いますが、

予算が許せば『ハイブリッド方式』がオススメということになりますかね。

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました