ショップジャパンここひえR2、R3の違いは?新旧のスペックも比較!

ここひえR3気になる家電

ショップジャパンから2021年4月、パーソナルクーラー「ここひえ」の最新モデルR3が発売されました。

「ここひえ」は2019年に発売され、今回の新モデルで3世代目となり、国内販売累計が90万台を超えるヒット商品となっています。

今回は、最新モデル「ここひえR3」と旧モデル「ここひえR2」の違いやスペック比較をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ここひえ 2021年度モデル「R3」と2020年度モデル「R2」の違い

ここひえは水が蒸発する際の周りの熱を吸収して空気を冷やす“気化熱現象”を利用したハイドロチルテクノロジー」を応用して涼しさを実現しています。

ここひえの最新モデルは旧モデルから主に2点が進化しました!

  • 首振り機能が新規搭載
  • 風量調節が4段階に増えた(旧モデルは3段階)

風向きの切り替えは、旧モデルから手動で上下の風向きは変えられていましたが、新モデルはさらに自動で左右約70°首振り機能が付きました。

それにより、本体下部に首振り装置がついたことで若干本体の高さ、重量が増えました。

風量調節については、4段階と細かく調節ができるようになりました。

気になる風量調節による動作音ですが、最大でも56.6dBと変更はありません。

 

ここひえの旧モデルの特長やメリット・デメリットを書いた過去記事はコチラ↓

スポンサーリンク

ここひえ「R3」と「R2」の新旧スペック比較

新旧の本体の大きなスペック差はありませんが、「R3」は首振り機能が追加搭載されています。

 R3(2021年モデル)R2(2020年モデル)
本体サイズ
(幅 x 奥行 x 高さ)
約 176mm x 173mm x 189mm約 176mm x 173mm x 181mm
重量約1.15kg
フィルター、USBケーブル含む
約1.03kg
フィルター含む
電源USB充電アダプター
AC100~240V
USB充電アダプター
AC100~240V
タンク容量約600ml約600ml
電源オフタイマー1,2,4時間
自動電源オフ機能(12時間後)
1,2,4時間
自動電源オフ機能(12時間後)
消費電力首振り運転時:7W
首振りなし:6W
※風量4(強)使用時
6W(風量:強)
運転音風量1:42.3dB
風量4:56.6dB
風量弱:42.3dB
風量中:46.7dB
風量強:56.6dB

 

◆2021年度最新モデル ここひえR3

◆ショップジャパン公式サイトでは、2020年度旧モデルのここひえR2やセット割引も取り扱っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

パーソナルクーラーここひえの新旧モデルの違いやスペックについて紹介してきました。

2020年は旧モデル「R2」がヒットしたので、今年の新モデル「R3」も間違いなくヒットするであろうと思います。

首振り機能が搭載されたことにより、更に便利になりました♪

購入を検討されている方は是非参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました